About

日本スポーツアナリスト協会(JSAA)とは

JSAAは競技の枠組みを超えた“スポーツアナリスト”の連携強化及び促進する団体として、“スポーツアナリスト”の有する職能を理解し、育むことで、アスリート支援環境を発展させ、スポーツの社会的価値向上に寄与していきます。

JSAAとは

ひとつの”勝ち”を、スポーツの”価値”へ。

「情報」「データ」「テクノロジー」。スポーツを取り巻く環境も劇的に進歩し、これまでスポーツ界に馴染みのなかった様々な分野での技術は、スポーツ界を動かす大きな原動力となりました。こうした技術の進歩に伴い、競技力の高度化が進むと、得られた情報を用いた「分析」が勝敗を分けるひとつの大きな要因となってきました。

日本スポーツアナリスト協会(JSAA)は、東京2020大会をひとつの節目と捉え「スポーツアナリストが活躍できるフィールドをつくる」ために歩んで来ました。

そして、今まさにその転換点に立ち、改めてJSAAが進むべき方向を考えるときでもあります。

日本はゴールデン・スポーツイヤーズの真っ直中。スポーツが社会変革の呼び水となり、起点となることを期待していた矢先、2019年末に発生したCOVID-19の世界的大流行で、私たちが住む世界の環境は大きく変わりました。それでも尚、この激動の時代において、スポーツの持つ価値は大きなものであると私たちは信じています。

こうした時代背景の中でスポーツアナリストが社会に対して出来ることは何なのか?

複雑化する現代社会で、世の中に溢れる情報・データを正しく読み解く力はとても重要です。そして、競技やスポーツという枠組みを超え、横断的に活躍出来る人材の確保・育成は急務です。

社会課題先進国とも呼ばれる日本において、データを扱い、「勝利」という明確なミッションに立ち向かうスポーツアナリストの存在は、今後ますます貴重なものとなっていくと考えています。ひとつの「勝ち」をスポーツの「価値」へと還元すべく、JSAAはスポーツアナリストの定義をアップデートしていきます。

2020年に向け、大きな転換期を迎える日本スポーツ界に必要な人材をつくる。 ©iStockphoto.com/StockFinland

組織について

正式名称
一般社団法人
日本スポーツアナリスト協会 /
Japan Sports
Analyst Association(JSAA)
設立年月日
2014年6月10日
事業内容
・スポーツアナリスト勉強会、カンファレンスの企画運営
・スポーツアナリスト及び分析に関する情報発信
・スポーツアナリスト及び分析に関連する研究及び調査
・スポーツアナリスト検定の企画運営
・次世代スポーツアナリストの育成
・海外スポーツアナリスト関連組織との連携
・スポーツアナリストのキャリア支援
・スポーツアナリストの職能の教育現場への還元
役員

渡辺啓太

代表理事渡辺啓太

千葉洋平

理事千葉洋平

小倉大地雄

理事小倉大地雄

森崎秀昭

理事森崎秀昭

河村浩靖

監事河村浩靖

Partners

日本スポーツアナリスト協会では、活動を支援して下さる賛助会員様を随時募集しております。入会の特典や方法は入会案内よりご確認下さい。

また、詳細にご興味ある方はお気軽にお問い合わせにてご連絡ください。

2020年賛助会員

日本スポーツアナリスト協会は以下の賛助会員各社様のご支援を受けて活動しております。