JSAA

News

Events

サムネイル

学生対象「スポーツアナリスト養成キャンプ(アナキャン)」

日本スポーツアナリスト協会は、トップレベルでの実績のあるアナリストたちが考えた、スポーツアナリティクスの基礎的な技術を身につけるプログラムを学生に提供する「スポーツアナリスト養成キャンプ(アナキャン)」を8月30日(金)から9月1日(日)までの3日間、東京都内で開催します。 これまで、当協会主催イベントに参加した学生から「スポーツアナリストになるには、どうしたらいいのか」という声をたびたび耳にしていたことから準備を進めてきました。昨年7月には初の学生向けイベント「スポーツアナリスト入門セミナー」を行い、講師のこれまでの経験やアナリストとしての心構えなどを伝えましたが、今回はさらにグレードアップし、情報収集、分析、提供など実践的なスキルを身につける機会となります。 3日間の集中プログラムは、当協会の活動に携わったことのある第一線のアナリストたちが実際に「アナリストに必要とされるスキル」を検討し、反映させたもので、未来のアナリストたちへの思いが詰まっています。そして、このプログラムに賛同したトップレベルの講師陣が直接レクチャーします。受講は20名ほどに限定し、スキルを学ぶだけでなく、現役アナリストから現場の話を聞く時間、ソフトウェアを使った分析の実践、グループ発表でアナリストから講評を受ける機会など、短期集中の濃密な内容となっています。スポーツアナリストの養成は当協会設立の目的の一つであることから、参加費用も他のスポーツアナリスト養成プログラムと比べて格段に抑え、学生でも参加しやすい価格に最大限挑戦しています。 学んだことを実践できる場(部活動、サークル、クラブチームなど)を持っていることが参加条件で、応募段階で志望動機などを審査し、受講者を選定します。 競技に関わらずスポーツアナリストに必要な基本スキルを身につけ、将来的に各専門競技における応用スキルを身につけるための基軸を学びたい学生は、ぜひ熱い思いをぶつけてください。 スケジュール ・8月30日(金)11:30-22:00 スポーツアナリスト入門、スポーツ映像活用入門、スポーツ情報収集入門、交流会 ・8月31日(土)9:00-20:00 スポーツで学ぶ統計学入門、最新ITとスポーツ、プレゼンテーション入門、スポーツ情報分析入門、アナリストの現場ツールを用いたゲーム分析 ・9月 1日(日)9:00-16:00 グループワークの発表、アナリストとコミュニケーション ※開始終了時刻は変わりませんが、内容は変更の可能性があります アナキャン協力メンバー アナキャンは日本代表やトップクラブで活躍する各競技のアナリストの方々の協力を得てプログラムを構築しております。(下記に一部を記載) 志田宗大(野球)、片桐央視(サッカー)、池袋晴彦(卓球)、末広朋也(バスケットボール)木村和希(バスケットボール)、平野加奈子(バドミントン)、太田奈々海(フェンシング) ※順不同・敬称略 応募条件 ・スポーツアナリストを目指す高校生以上。未成年者(18歳未満)の場合は親の同意書が必要です) ・当日、受講用にパソコンを持参できること ・スポーツアナリティクスを実践できる場(部活動、サークル、クラブチームなど)が確保できる方が望ましい お申込み 以下のフォームにご記入ください。 http://bit.ly/2MOBpOD 締め切りは8月22日(木)。記入内容に基づいて選考し、結果は8月26日(月)までにメールアドレスに通知いたします。 その他 署名した同意書を持参して下さい。ダウンロードは以下よりお願いします。 http://bit.ly/2ZHOzAI